リノベーションをすれば綺麗な部屋に早変わり

段階を踏んで行う

部屋

周囲に気を配ろう

土地が広く、隣近所とはかなり離れているというようなところに住んでいれば、リフォーム工事も楽です。というのも、周囲に騒音などの迷惑をかけることもないからです。その点、東京でのリフォームは住宅が密集していることもあり、隣近所への気配りが必要になってきます。まず、リフォームすることになったと隣近所に伝えましょう。その際、施工業者と一緒に挨拶に行くことが一般的です。品物を持って騒音などの迷惑をかけそうな周辺をあたります。続いて、いろいろなところにゴミなどが散らばらないように足場を組んでビニールシートをかけていきます。これはもちろん施工業者が行ってくれるので安心です。実は足場を組むだけでも大変な作業となることがあります。特に、東京でも下町辺りは隣家との塀に隙間がなく、足場を組める状態ではないところもあります。もちろん、リフォームといっても、どこをどんなふうにリフォームするのかによっても、施工方法は違ってきます。場合によっては足場を組まずにできるリフォームもあるので、施工業者と綿密に打ち合わせをしておきましょう。それから、東京でリフォームするのなら、東京のリフォーム業者に依頼することが一般的です。特に、施工は天候に左右されることが多く、予定通りに進まないことがあります。そんな時に遠方の業者ではやりとりも大変です。このようにして、周囲へ配慮しながら、少しずつ工事を行うことになります。そのため、住宅が密集しているところほど、工事には時間がかかることがあります。