リノベーションをすれば綺麗な部屋に早変わり

間取りの変更で動線を整備

インテリア

移動や増設が可能

神戸のリフォームでは、どのようなことに気をつけたらよいでしょう。まず知っておかなければならないのは、できることとできないことがあるということです。例えば吹き抜けを作りたいと考えたときに、木造建築の場合は比較的容易に吹き抜けを作ることができます。ところが重量鉄骨造りの建物は、鉄骨の梁を動かすことができないため、工事を行うことは困難になります。また増築については、建ぺい率・容積率の範囲内では可能ですが、それを超えるとできないため注意が必要です。神戸のリフォーム工事の中で一番多い工事が水回りのリフォームで、ある程度自由にできます。独立したキッチンを対面式にしたり、浴室を広くしたりと、水回りの移動や増設が行えます。リフォームを行うと、家事動線が整備されて効率よく動くことができます。キッチンを移動させてリビングと一体化したり、キッチンと洗面所をつなげたりという工夫もできます。安全面への配慮からIHクッキングヒーターに変更するリフォームも神戸で人気となっていますが、注意点は電圧です。IHクッキングヒーターは200ボルトのものが多いため、住宅が200ボルト対応になっているか確認する必要があります。対応していない場合には、別途建設費が必要になるので覚えておきましょう。一戸建てのリフォームの場合には、間取り変更の自由度が高いので、神戸でも様々なリフォームが可能です。事前にどんな暮しがしたいのかをはっきりさせておくと、プランニングがスムーズに行えます。